ハッ!とひらめく(おりてくる)ことが、

『101講座』を始めてから増えた実感があるので、

印象的な3つの出来事を書きます

 

すべて、仕事でのことです。

 

① 会計業務で手当ての振込の最終確認中でのこと。

 

別部署と私の部署で、同一人物に別々に振り込もうとしていた事に気が付きました

 

いつもなら、別部署のところまではチェックしないのですが、

この時は一緒に確認作業をする人がたまたま外出していたので、

とりあえず一人で、と思ってパラパラ見ていて、

「あれ、見た事ある名前がこっちにも・・・?」

と気付きました。

 

ここで発見できなければ、年末に

9月分までさかのぼっての処理が発生するところでした

 

 

②入れそびれた書類が!!

 

郵送物の準備をしていた時、発送先の方が来社したので、その場で書類を渡しました。

 

その直後、同じものを郵送しようと思っていた別の方がまた来社したので、

同じ郵送物(書類)の準備をしていたところ・・・

あれ?同じ、内容のはずだけど、さっきコレ入れた・・・??

 

後で問い合わせたら、案の定、先の方には入れそびれた書類が!!

 

後の方が来社しなければ気付かずじまいだったと思います。

 

 

③ 会議の看板が・・・!

 

定時後に、外部の方が来社されての会議が度々あり、

その時は入り口に会議の内容や場所、時間を記した看板を置きます。

その日は、私は担当ではなく、先に定時で退社しようとしたところ、

看板の内容が間違っていることに気が付きました

 

いつもなら、1人で帰る時は、入り口側を向いている看板を

わざわざ回り込んで見ることはしませんが、

その日は、「やり忘れたことがあった!」と戻ってきた社員と、

たまたま帰りが一緒になり、

看板の話をしながら見たので気付けて、

会議前に訂正することが出来たのでした。

 

 

(20.10.12 K.Nさん)